介護離婚について

少子化の現代、介護離婚は他人事ではありません。若くして親が亡くなるなどの事情がない限り、誰もが親の介護を担うことになります。長男、長女の結婚、最近では一人っ子同士の結婚も多いことでしょう。長男と一人娘の場合は、長男は自分の親を介護し、一人娘は実家に帰り、自分の親をみるというパターンになるようです。これが長期にわたりますと、夫婦の意味がわからなくなってしまうのでしょう。一人娘にとって親の介護は誰も変わり手がいない重責ですし、住み慣れた実家で介護するほうが義理の両親の面倒をみるよりも気楽ということもあります。これが問題になってしまうのです。夫婦間の絆がよほどしっかりしていないと、またお互いの信頼関係やお互いの親に対する気遣いがたりないと離婚という結論に至ってしまうこともあります。介護はどこで終わるかの見通しも立ちづらく、かなりのストレスです。夫婦間で互いのできない部分を補い合い、思いやりをもって助け合っていくことができればこのような離婚という不本意な結果にならないですみます。介護別居を始める前に、夫婦間で家庭のあり方をよく話し合っておくことが大切です。安易な気持ちで別居を始めて後悔しないようにしたいものです。

コメントを受け付けておりません。