家庭内離婚について

家庭内離婚というのは法律上は離婚はしていないものの実際にはもう夫婦としての絆がある状態ではないことを指します。
同じ家に暮らしていても会話などは全くなく、ただ夫は寝るためだけに家に帰り、妻は子供の世話や家事をするだけになるのです。
このような状態であれば離婚してしまったほうがいいのでは思うかもしれませんが、離婚をすると財産分割などの面倒な手続きがあります。
また子供の親権などで争わなければいけません。そして離婚をすることによって偏見の目で見られてしまうこともあります。
一緒にいて不愉快なのであれば離婚をしてもいいのですが、もう透明人間のようにお互い思っていれば別に一緒に暮らしていても割り切れますし不愉快ではないのでそのまま暮らせるのです。
子どもの教育に悪影響が出ないようにと子供の前では会話をする夫婦もいます。
このような形式が決していけないというでわけではありません。
どちらもそれで納得していて絆がないながらもお互い干渉せずにいられるのであれば逆に気が楽ということもあります。
家庭内別居という言葉もありますがそれも全く同じことです。
世間的には離婚をしていない夫婦と思われますし何とか世間体を保つことができます。

コメントを受け付けておりません。