震災離婚について

ウェディング13今の時代、離婚は決して珍しいものではなくなってきています。離婚の原因としては、性格の不一致や金銭感覚、価値観の違いや親族問題など様々ですが、東日本大震災以降急増したのが震災離婚です。東北地方を中心とした東日本全体をいままでに例のないほどの巨大地震と津波が襲い、生活のすべてを変えてしまいました。この地震が起こるまで仲良く暮らしていた夫婦や家庭がこの地震で壊れてしまったという報告が非常に多いのです。特に、妻側からの離婚希望が多いのが特徴です。震災の時に夫がひとりだけで妻を置いて逃げたり、家族を気遣うメールや電話が一切なかったり、まったく頼りにならなかったなど、自分の夫に幻滅する妻がとても多かったのです。その他に、巨大地震が起こった時に頭に浮かんだのが夫のことではなく、自分の子供や自分の両親であった場合など、自分が夫に対し愛情がないことに気付かされたという妻もいます。しかし、こうした感情は震災による不安やパニック、ストレスなどから起こる一時的なものであることも少なくありませんので、勢いで離婚したけれど後悔しているという人も少なからず存在します。話し合ってもう一度スタートを切るという選択をする人もいます。

コメントを受け付けておりません。