短絡的に転職しないことのススメ

仕事を持っている女性が、夫との関係がうまくいかなくなり頭の中に離婚の二文字がちらつき始めた時に、気をつけたいことがあります。それは、仕事を辞めてはいけない、ということです。結婚の解消に大きな壁となって立ちはだかるのは、結局はお金の問題です。子供がいたらなおのこと、経済的に不安定な立場だと心情的には離婚を決めても、その後の生活を考えてなかなか決心がつかなくなります。
仕事を変わるのもお勧めしません。今している仕事が好きできはなくても、とりあえず離婚して新しい生活が軌道に乗るまでは今の職場で頑張った方が無難です。転職というのは、多くの場合は前の職場よりも収入が減る傾向にあり離婚後の生活レベルが極端に低下してしまうリスクを背負います。離婚前にその現実に気付く一人でやっていく自信をなくし離婚そのものを辞めざるを得なくなります。
また、収入は変わらない場合、あるいはキャリアアップにより職場を変わる予定がある場合にも、しばらくは前の職場にとどまることをお勧めします。新しい仕事、新しい人間関係は一見魅力的に見えるかもしれませんが、大きなストレスを引き起こすものでもあります。離婚によって生活環境が変わり、また子供がいる場合にはそのケアも必要となるので、ひとりで一気に多くの荷物を背負うことになります。離婚後ある程度時間がたって生活や自分の気持ちがおちつき時間の余裕ができたところで、本当に仕事を変わるのか、それともこのままとどまるかを決めても遅くありません。何より、致命的な失敗を起こさないで済みます。

コメントを受け付けておりません。